最新な ヘレンド・アポニーイエローAJ コーヒーC/S 160cc 706-カップ&ソーサー

最新な ヘレンド・アポニーイエローAJ コーヒーC/S 160cc 706-カップ&ソーサー


サイズ:160cc
素材:陶磁器
※モニターの発色の具合によって実際のものと色が異なる場合があります。

アンティック ヴィンテージ店のお取り扱いは 中古品の世界ですが お熟成アインのは ピカピカの 新品です。

アポニー・ゲーラルディネ(1915年 ブダペスト - 2002年 ティラナ)は、アルバニア王ゾグ1世の妃。
ハンガリー貴族のアポニー・ジュラ伯爵(1873年 - 1924年)とそのアメリカ人の妻グラディス・ステュワートの長女として生まれた。
アポニー家は14世紀に遡る古い家柄だが、母方の祖父はアメリカ合衆国ヴァージニア州の富豪で、在アントウェルペン・アメリカ領事を務めたジョン・ヘンリー・ステュワートという人物だった。
オーストリア=ハンガリー帝国の崩壊後、混乱を嫌った両親とともにスイスに避難したが、ホルティ提督による摂政体制がしかれるとハンガリーに帰国した。1924年に父が死ぬと、母は子供たちを連れて南フランスのマントンに移り、そこでフランス人将校と再婚した。
アポニー伯爵家は子供たちを教育のためハンガリーに連れ戻し、ゲーラルディネと妹のヴィルギニアをオーストリアのプレスバウムにある女子修道院付属の寄宿学校に入れた。一家の資産が底をつくと、ゲーラルディネは速記タイピストや、叔父が館長を務めるブダペスト市内の国立博物館の売店の売り子をして働いた。
ゲーラルディネは1937年に妹の紹介でアルバニア王国の統治者ゾグ1世と知り合い、その数日後に2人は婚約した。結婚式は翌1938年にティラナで挙行された。結婚の立会人イタリア外相のガレアッツォ・チャーノ伯爵(ムッソリーニの娘婿)が務めた。
ゲーラルディネがカトリック信徒だったのに対し、ゾグはムスリムであった。国王夫妻はアドルフ・ヒトラーから贈られたメルセデス・ベンツでハネムーンに出かけた。ゲーラルディネの王妃としての暮らしはわずか1年で終わった。
1939年に一人息子の王太子レカ(1939年 - 2011年)を出産したが、その2日後に始まったイタリアのアルバニア侵攻により、家族とともに国外脱出を余儀なくされたのである。ゾグ一家は諸国で亡命生活を送り、ゲーラルディネは1961年に夫ゾグ1世と死別した。
2002年6月、ゾグ一家の帰国が許可されるとともに南アフリカからアルバニアに帰国したが、同年10月に心臓発作により、ティラナの陸軍病院で死去した。

このシリーズは ご存知少し乱暴なアポニー公(子爵)の要望に ヘレンド社が知恵を絞って インドの華 (柿右衛門写し) の簡略版を編み出し 公の要望である 格式高くして しかも格安である事を かなえました。お蔭で 世界で1番売れる ヘレンドの ヒット品になっております。

五等爵(公,候,伯,子,男,)
アポニー公は子爵(後に伯爵)ですから 五等爵第4位になります。
アポニー家(ハンガリー語版)は14世紀に遡る古い家柄

当店のお品は 総て 現地在庫を漁らず(現地では B品の販売があり その混入を避けるため) 欧州代理店を通じて 各メーカーに 発注しております。

オジア・シェープ
ヘレンドの主流シェープ
マイセンの#01シェープに同じ

ヘレンドには オジア,ロカイユ,リッセ,エステルハージ,シェープがあります。面白いのはバロックを代表する(マイセン#02,ジノリのベッキオ)をロカイユ(ロココ)と名付けています。
ネオクラシック時代創窯のヘレンドにあっては 多分 時代を読み誤ったのでしょう? もしくは 歴史を古く箔付けするのに バロックでは誇張が過ぎるし ロココどまりにしたのでしょうか? 
1部学者に ロココを バロックの延長とする説はありますが バロックをロココとするのは 明らかな間違いです。

1864年閉窯の大先輩ウィーン窯の 受け入れは 絵のみ (金緑彩パセリ文, ワインリーフetc.) で シェープは デコラティブな貴族趣味を旨とする ヘレンドにあっては 奇を衒わぬ機能性を 旨とする ウィーンとは 相容れず その影響は見られません。

フン族は北アジアの遊牧騎馬民族。中央アジアのステップ地帯が出拠と考えられるが、民族自体の出自についてはかなり以前より「フン」=「匈奴」説などがあるものの、いまだ定説となっていない。言語学的にはテュルク語族に属すると考えられている。
4世紀中頃から西に移動を始め、これが当時の東ゴート族、西ゴート族を圧迫して、ゲルマン民族大移動を誘発、さらには西ローマ帝国崩壊の遠因ともなった。西暦433年に西ローマ帝国によりパンノニアの支配を認められ、フン族によってハンガリーを主要領土(一部現在のブルガリア・ルーマニアを含む)とする独立国家が初めて誕生した。

モンゴリアン・フン族が 一時 ヨーロッパを席捲しました。ハンガリーを主要領土とする 初の独立国家を 打ち立てました。 
やがて ゲルマン等に 押し返されるのですが ハンガリーは フン族が踏みとどまって 建国した 数少ない国です。(現ハンガリー第三共和国は ウラル山脈を起源とする マジャル人の896年をもって建国としている。当時゜ ハンガリーでは最大でも マジャル人48.1%で過半数に及んでいないが。1996年は 建国1100年記念年で 清の花籠が発表されました。)
マイセンのシノワズリのコピーから やがて オリジナリティー・シノワズリへの発展は フン族の末裔の 血がなせる業でしょう。

最新な ヘレンド・アポニーイエローAJ コーヒーC/S 160cc 706-カップ&ソーサー

【受注生産】【スタジオアート】エスプレッソカップ&ソーサー ヨークシャー・テリア 【1点】narumi_okrjs

Copyright (C) 最新な ヘレンド・アポニーイエローAJ コーヒーC/S 160cc 706-カップ&ソーサー. All Rights Reserved.